2017年11月21日

Elecrow基板発注メモ

結構手間のかかる基板が8枚必要になったので
中国の基板メーカー(Elecrow)に出図しました。

bs-a1_board.jpg

使用ツール
Eagle 7.1.0

かかった日数
出図から納品まで 13日
---
出図 11月05日 23時頃
出荷 11月11日 14時頃
納品 11月18日 12時頃


かかった費用
合計  $9.70 USD
---
品代  $4.90 USD (5cmx5cm,10pcs→13pcs入ってた)
送料  $4.80 USD (China Post Registered Airmail)


反省点
・2Pのネジ式ターミナル端子の穴が大きい
・ピンヘッダの下に書いたシルクが部品を実装すると見えなくなってしまう
・スプリングターミナルのシルクのズレ(自分でライブラリを作ったもの)
・EHコネクターのシルクが違う

と、細かい反省点はあるものの、配線ミスや入らなかった部品は無く、
部品を実装しての動作確認は問題ありませんでした。

bs-a1_univ2.jpg
posted by MON at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

マグネット付き中華製LEDライトを外部電源化する

china_led_1.jpg

磁石でくっつくLEDライトを中国から 3 USD くらいで購入しました。

china_LED.PNG

このライトは単4乾電池3本で光るのですが、ちょっと消し忘れるとすぐに電池がなくなってしまいます。
とりあえず外部電源入力に改造して特性を測ってみたところ、定格?の4.5Vで2Aも流れることが判明。

china_led_graph.png

どおりですぐに消えてしまうわけです。30分持ちません。
ちなみに、4.5Vでは相当熱くなり、寿命が心配です。

というわけで、調光機能付きの外部電源を作ってみました。

china_led_2.jpg

部品箱から 2Aの降圧DCDCコンバータ CE-1050 をチョイス。
このDCDCコンバータは外付けの抵抗で任意の電圧を設定できます。
明るさの最小値を2.5V付近に設定すると、Rexは2.7kΩとなります。
部品箱にAカーブの10kΩがあったので組み合わせると最大電圧は3.7V程度になります。

今回は全て部品箱の在庫でなんとかなりましたが、結構な部品代と手間なので、
素直に 9 USD くらいのUSB接続LEDスタンドを買ったほうが……。
posted by MON at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

清流物語 専用容器の水漏れ対策

近所のスーパーに清流物語という水道水を濾過して5L=100円で販売している装置があるのですが、
ある時期、普段は350円する専用容器を無料で配っていたので買ってみました。

seiryu1.jpg

まぁ、味に不満はないのですが、横にするとその専用容器の口から水が微妙に漏れてくるので
近所のホムセンでゴムパッキン(2個で228円+税)を購入しました。

seiryu-rubber_seal.jpg

良い感じです。
posted by MON at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

フリーテルの雅に DOOGEE X5 のバッテリーは使えるのか。

FreetelのMIYABIというスマートフォンに DOOGEE X5/X5S/X5Pro の
バッテリーは交換できるのか試してみました。

大きさは、Doogee X5 のバッテリーが
W=60.2, H=69.3, D=4.0(端子部4.6mm)で、
BP-MIYABI は
W=60.0, H=75.0, D=3.8 でした。

bp1.jpg

実際に装着すると、端子の位置と配列は同じでしたが、長さが短いため約5mmの隙間が空きます。
手元に転がっていたバルサ材を5mm×4mmに加工して隙間を埋めました。
また、端子部の厚みの都合で、裏カバーを閉じても僅かに浮き上がります。

bp2.jpg

充電もOKで問題なく使えているようでした。
情報をくださった方に感謝します。
posted by MON at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【今是昨非】http://nomulabo.com/