2021年01月01日

プラレールの光るスニーカーの電池は交換不可

dy1.jpg

中にLEDが仕込まれていて、走るとLEDが光るスニーカーなのですが、
右足だけ光らなくなったので、電池を交換しようと分解してみました。

dy2.jpg

で、インソールの下の布をハサミで切って強引に取り出してみると
中の制御ユニットは電池も含めて樹脂で固められていて
交換は不可能なようでした。

dy3.jpg

ゴム系接着剤で貼り合わせて元に戻しておきました。
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

GNU Radio + ADALM-PLUTO を Windows10 + WSL/WSL2 + Ubuntu で使うためのメモ

GNU Radio + ADALM-PLUTO を Windows10 + WSL/WSL2 + Ubuntu で使うためのメモ

Changed block's category Core to Industrial IO..png

Windows Store から Ubuntu 20.04LTSを入手
VTをBIOSで有効にしておき、下記URLを参考にしてWSL2の有効化。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/wsl2-kernel

インストールされたら、
sudo apt update
sudo apt install gnuradio libgtk-3-dev libgl1-mesa-dev xorg-dev
で必要なコンポーネントを入れる。

画面を出すために、VcXsrvをインストール

nano ~/.profile
最終行に
export DISPLAY=localhost:0.0
を追加。
環境によっては上記ではうまく動かないので、その場合は、
export DISPLAY=$(cat /etc/resolv.conf | grep nameserver | awk '{print $2}'):0
とする。

一旦ログアウトして.profileを読み込むと gnuradio-companionが起動するはず。

OOT Block を作るために、
sudo apt install cmake liborc-0.4-dev swig
で、ビルドに必要なものを入れたら
任意のOOT Blockをbuildして
sudo ldconfig
とすれば良い。

ADALM-PLUTOは v3.8 では入れ方が異なるので
https://wiki.analog.com/resources/tools-software/linux-software/gnuradio
を見ておく。
この通り入れたら、ビルドは成功したけどカテゴリが core に移動していて
探すのに手間取ったので v3.7 と合わせるようにプルリクエストしておいた。(マージ済み)
https://github.com/analogdevicesinc/gr-iio/pull/89

ということで、WSL2上で Ubuntu18.04 + GNU Radio V3.7と
Ubuntu20.04 + GNU Radio V3.8が共存できましたとさ。
別途Linuxマシンを準備しなくていいので便利です。

ADALM-PLUTOはネットワーク越しに動作しているように見えるので
WSLから扱えます。gr-ad2 は残念ながら動作しませんでした。
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

公開情報からパーシャルチェックリストを作成する

パーチャルチェックの機能.png

2020年現在、日本のアマチュア無線局数はおよそ40万局ですが、このうち、JARLの国内4大コンテスト(ALL JA, 6m & Down, Field Day, 全市全郡)に 2015-2019の5年間で書類を提出した局は、およそ6000局(7M4MON 調べ)です。
コールサインのアルファベット・数字の組み合わせは膨大な数がありますが、コンテストに参加する局は、ほとんど上記の6000局のコールサインです。
そのため、過去の交信履歴等からある程度の予測と省力化が可能です。
コンテストロギングソフトでは、コールサインの一部を入力すると交信相手のコールサイン候補が表示されるパーシャルチェックという機能があります。
パーシャルチェックではコールサインだけではなくコンテストナンバーの候補も表示されます。
上記の国内4大コンテストのコンテストナンバーは RS(T) + 運用地の都府県・北海道地域番号または市郡区番号+空中線電力を表すアルファベット1文字です。
総務省の無線免許状検索ではコールサインで検索すると常置場所の市区町村名まで分かりますので、コンテスト書類提出局のコールサインとつき合わせて、パーシャルチェックのデータベースを作成しました。

詳しくは github の ctestwin.pck のリポジトリ をご参照ください。
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【今是昨非】http://nomulabo.com/