2016年11月24日

電動ターテーブルの駆動をタミヤのユニバーサルギアボックスにしてみた

turntable_fa130-1.JPG

turntable_fa130-2.JPG

以前自作した電動ターンテーブルの駆動をタミヤのユニバーサルギアボックスにしてみました。
ユニバーサルギアボックスの出力を垂直方向にして、ギア比を最大とし、2.4VでFA-130モーターを駆動します。
ウォームギアで大きな減速比が稼げるはずなので、いけるかなぁと。
MDFパネルに下穴を空けてギアボックスを木ねじで固定。
足は24mmの角棒を24mmで切ってボンドで固定しました。
丁度良い長さのM3ネジを調達してイモネジでシャフトに固定しました。

結果は、、、非常にうるさいわ非力だわで失敗に終わりましたとさ。
posted by MON at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

USB切替機を自作してみた。

移行時など諸事情でPCを2台交互に使っていると、自分の意図していない方を
操作してしまうことが多々あります。
誤って意図しない方のPCでDeleteボタンを連打しちゃったりすると
どこから消したのか分からず、被害は甚大です。
そこで、2回路2接点のトグルスイッチを使ってUSB切替機を作ってみました。

usb_selector.jpg

D+とD-をトグルスイッチで切り替え、GNDは共通です。
5Vは先に立ち上げる側のPCから供給し、もう一方はNCとしておきます。
Q965+WindowsVistaだと認識に7秒くらい、H110+Windows10だと認識は1秒程度です。
キーボードとマウスの切り替えなので、ロースピードモード(1.5Mbps)は大丈夫ですが
それ以上のスピードだと、難しいかもしれません。
posted by MON at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ELECOMの人差し指トラックボール DEFT M-DT1DRBK レビュー

deft1.jpg

机のスペースの都合もあり、デスクトップでは人差し指トラックボールを使っています。
知らぬ間にELECOMから新商品が出ていて、なかなか評判も良さそうだったの購入しました。

簡単に感想を箇条書きすると…
・無線の届く距離がTM-400より大幅に伸びたので、離れたところから操作出来るようになった。
・Trackball Explorerと同じく親指酷使系なので、スクロールはIntellimouse Trackballのような薬指か、TM-400のような人差し指が良かった。
・チルトホイールが硬い。
・Bluetooth対応なら良かった。
・多ボタンは普通に便利。
・ボールが小さいように思えるが、使ってみると意外とイケる。
 (比較するとこんな感じ)
deft2.jpg

総じて操作感はTBEと似ています。
ニッチな市場なので、出来ればよく売れて、永く販売して欲しいと思います。

追記:4ヶ月ほど使用したところ、ホイール操作が誤作動するようになってしまいました。
   修理センターに送付して1週間ほどで新品交換となりました。
   そもそも保証期間が購入後6ヶ月というのは短いと思います。
   今回のホイール部の故障は個別不良ではなく本製品の弱点と思われるので、
   少しでも永く使えるよう、チルトやセンターボタン押下の操作は控えたいと思います。
posted by MON at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

FKB8744とTM-400の改造

fkb8744-1.JPG

思うところあって FKB8744 という、ちょっと古いキーボードを再入手しました。

このキーボードは NumLock/CapsLock/ScrollLock の状態表示LEDが付いていないのですが
基板にパターンは準備されているので、LEDをハンダ付けするだけでOKです。

分解して、右上の基板にLEDを付けて

fkb8744-2.JPG

適当に穴を空けて

fkb8744-3.JPG

完成です。(10年ぶり2度目)
PS/2キーボードですが、USB変換ケーブルを挟めば、まだ現役で使えます。

トラックボールもTM-400(CT-100/T-RB22)という、ちょっと古いものを使っているのですが
ホイールボタンの効きががイマイチになっていました。
数回、組み直したのですが改善しなかったので、マイクロスイッチの上の部分に
小さい丸シールを数枚重ねたものを貼り付けました。

TM-400-1.JPG

絶好調です。
ただ、USB-PS/2変換ケーブルを通すとユーティリティソフト(SetPoint)が使えないので
こちらはUSBポートにレシーバーを接続する必要があります。
posted by MON at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

Patriotの 960GB SSD

Windows10のクリーンインストール用に あきばお〜 の謎 SSD 960GB(19,999円+税)を買ってみました。

差し出されたのは、Patriot Memory Blast PBT960GS25SSDR で、メーカー保証3年でした。
コントローラは Phison S10で、DRAMキャッシュは1024MB搭載です。
https://patriotmemory.com/product/blast-solid-state-drives/
ファームウェアは現時点で最新の12.2でした。

せっかくなのでベンチマークを取ってみました。

pat960g-1.png

十分に速いので満足^^
1TBのHDDを約2万円で買ったのが2008年の春でした。
それから8年間、個人で扱うデータ量はそれほど増えてないのかなぁと思います。

参考
http://ascii.jp/elem/000/001/153/1153143/
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080301/etc_hdd.html
posted by MON at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

電動ターンテーブルの製作

ダイソーのターンテーブルを使って電動ターンテーブルを自作してみました。

daiso_turn1.jpg

使ったのはキッチンコーナーにあったCOLOR KITCHEN ターンテーブル (KI-15-6/A016 59/4933712133338)です。
一度分解して足を取り、ピンバイスで台座部分に穴を開け、MDFパネルに取り付けました。

daiso_turn2.JPG

モーターは12Vの小型ユニポーラステッピングモーターです。ステッピングモーターなので任意のステップで任意の角度、回転数を指定できます。最速で1回転あたり40秒程度になりました。
ステッピングモーターの制御プログラムはCCSのサンプルプログラムEX_STEP.CをベースにPIC16FF88向けに改造したものです。



駆動部はレインボープロダクツの平ギヤ(1.0モジュール/20歯/軸径5mm)を使用しています。
ターンテーブルのフチに戸当たりの防音スポンジテープを貼り付け、ギアが滑らないように絶妙に食い込ませています。

使用した感じでは、500ml缶は回りますが、900mlのペットボトルは脱調してしまうので
使用可能重量はは500〜800g程度でしょう。

ベルトドライブにしたいところですが、良いガイドが見つからなかったですし、
(八幡ねじの溝ゴム No.108 がよさげだけど、量り売りしてないみたい…)
ダイソーのターンテーブルは結構ガタガタしてるので、あまりお金をかけるのはなぁ…
posted by MON at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

Core2Duo E8400(Wolfdale-6M/45nm)の開腹

JUNKのCore2Duo E8400(Wolfdale-6M/45nm)を手に入れたので割ってみました。

e8400-up2.jpg

接着剤をカッターで剥がして、マイナスドライバーでゴリゴリと…

e8400o0.JPG

パキッ!
おおっ!?ええっ!?

e8400o1.JPG

コアがヒートスプレッダ側に!ソルダリングだったか(^^;

e8400-up0.JPG

キャッシュがダイの半分ほどを占めていて、コアが2つあるのが分かります。
後藤氏のコラムのダイ写真と同じマップが見れて満足です。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0206/kaigai_2.jpg
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0206/kaigai334.htm

486なんかは整然とボンディングワイヤが付いていて観察しがいがあったものですが、
最近のは拡大してもよく分かりません…
posted by MON at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

中華製 安デジタルノギスのDRO化

dro1.JPG

中華製 安デジタルノギスをDRO化したので、メモ程度に記事を作成しました。
http://nomulabo.com/caliper/

---
週末にaitendoのリアル店舗に行ったのですが、
場所がなんと、昔々faithの事務所が入っていたビルでした。
まさかもう一度あのビルに足を踏み入れるとは……不思議……
posted by MON at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

ダイエー 東大島 店 の 授乳室 情報

2階の「赤ちゃんルーム」に授乳・おむつ替えスペースがあります。

daiei1.jpg

カーテンの奥にオムツ替え台とソファがあります。

daiei2.jpg

オムツを捨てるビニール袋とゴミ箱、おむつの自動販売機はありましたが、お湯はありませんでした。

(この記事の写真はパブリックドメインとします。)
posted by MON at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

Felicaの非保護領域に任意のデータを書き込んでみる(VB.net)

おサイフケータイには、自由に読み書きできるFelicaのエリアが、16バイト×24ブロック(384バイト)あります。
felicalib.dllには書き込む手段も提供されているようなので試してみました。
ちなみに、modFelicaLib.vb のコメントを手直しするとこんな感じです。

'【関 数 名】felica_write_without_encryption
'【第1引数】[in] f felicaハンドル (felica構造体のポインタを指定する)
'【第2引数】[in] servicecode サービスコード
'【第3引数】[in] addr ブロック番号
'【第4引数】[in] *buf データ(16バイト)のポインタ
'【戻 り 値】エラーコード



ちょっとアプリをこしらえて、、、サービスコード70C9に試してみると、、、

felica_np_rw_sc.png


無事に書き込めました。

write_result.png


・・・384バイトかぁ・・・アイコン入れるとか・・・
posted by MON at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

Felicaで既知のサービスコードとブロック番号に書かれている文字列を読み取る(VB.net)



Felicaでちょっと遊んでいるのですが、とあるカードには、とあるサービスコードのとあるブロック番号に
とある文字列が書き込まれていて、それを読みだすといろいろ便利なことが出来そうです。
ということで、ここのページで公開されている「CFelicaLib.vb」に機能を追加しました。

    '=============================================
    '【関 数 名】read_string
    '【第1引数】[in]  Integer  サービスコード
    '【第2引数】[in]  Byte  ブロック番号
    '【戻 り 値】[out] String   文字列
    '---------------------------------------------
    ' 既知のサービスコードとブロック番号から文字列を読み取る
    '=============================================
    Public Function read_string(ByVal serviceCode As Integer, ByVal address As Byte) As String
        Try
            '------------
            ' エラー処理
            '------------
            If f_ptr = IntPtr.Zero Then
                Return ""
            End If

            '----------
            ' 変数定義
            '----------
            Dim rStr As String
            Dim buf(15) As UInt8

            '-------------------------
            ' 変数bufのアドレスを取得
            '-------------------------
            Dim gch As GCHandle = GCHandle.Alloc(buf, GCHandleType.Pinned)
            Dim b As IntPtr = gch.AddrOfPinnedObject().ToInt32

            '-------------
            ' 指定したサービス、アドレスから読み取り
            '-------------
            felica_read_without_encryption02(f_ptr, serviceCode, 0, address, b)
            rStr = System.Text.Encoding.ASCII.GetString(buf) 'HexToAsc(buf)

            '--------------
            ' メモリの解放
            '--------------
            gch.Free()

            '------------
            ' 結果を返す
            '------------
            Return rStr
        Catch ex As Exception
            MessageBox.Show(ex.Message, "read_str()")
            Return ""
        End Try
    End Function
 

作者の白執事様に感謝します。
posted by MON at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

プロクソン フライスマシン No.16000の修理

bfw36.jpg

最初は、モーター焼けかと思ってテスタで当たってみましたが正常でした。
トランスもAC38Vが出ていて問題なし、基板も焼損は見あたりませんでした。
スイッチを当たってみると、どちらも導通なしで、恐る恐るミノムシクリップで
バイパスしてみると、ブルンッと反応してれました。

秋葉で適当なスイッチを調達しても良かったのですが、プロクソンは良心的で
パーツの品番で取り寄せが可能です。
(フライスモーター No.20160 の、スイッチ 20160-18)
近所のホームセンターに依頼して、納期 約20日、価格は375円でした。

手持ちのドリルスタンド No.28606 + マイクロクロステーブル No.27100 が
何故かガタついてるので、リプレイスしたいのですけど………
置く場所がないな\(^o^)/
posted by MON at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

近似色を選ぶ方法に関する実験

ブログに収まりきらなかったので↓のページにまとめました。
http://nomulabo.com/sam/color_reduction.html
posted by MON at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ステッピングモーターコントローラの製作

stepper_1.jpg

PIC16F88を使用して、ステッピングモーターコントローラを作りました。
ボリュームで速さと回転方向を指定します。
また、外部からパルス信号を入力しても、任意のステップ数で制御できるようにしました。
ソースはEX_STEP.Cを改造したもので、割と簡単に制御できました。
posted by MON at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

サーボモーターの軸の延長

servo_shaft_extension.jpg

シャフトにピンバイスで2.5mmの下穴をあけて、
Dサブコネクタで使われる取り付けスペーサーを挿入しました。
受け側がナットなので、さらなる延長も容易です。
posted by MON at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

よだれかけに一工夫

スタイがくるくる回ってしまって、お洋服が汚れてしまうので
ダイソーで買ったレース付きカバンテープとマジックテープを縫い付けて
胴回りで止められるように改造しました。

abu_magic_tape.jpg

なかなか良い感じで満足です。こうあるべき。
posted by MON at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

喫茶店に特小を設置してきた。

昨年末に都内某喫茶店で無線機のセットアップをしてきました。

この店舗は客席と厨房が離れているため、店員がオーダーを取った後に
厨房と客席を往復していたのですが、無線機を使ってその手間を無くしたいとのことでした。

距離は最大でも50m程度なので特定小電力トランシーバーでOK。
厨房側はACアダプタが使え、将来の拡張が可能なIC-4188Dをチョイス。
オーダーを確実に聞き取れるように、外部スピーカー(3W x 2)を設置しました。
また、そのためのインターフェースボックスを制作&ハンドマイクのコネクタを加工しました。

tokusho_chubo.JPG
(もちろん、ガムテープは仮止めですよ!)

客席側は同じアイコムのIC-4100にしました。

tokusho_kyaku.JPG

オーナーには大変喜んでいただきました。
休日に買い出しやら加工をした甲斐がありました。

tokusho_junbi.JPG
 
posted by MON at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

「しいたけ成長」の倍率に関する考察

正月にやっていた、大人のピタゴラスイッチで「しいたけ成長」という
椎茸が伸びている様子を、鏡を使って確かめるコーナーがありました。

倍率が気になったのですが、検索しても解説サイトが見つからなかったのでエクセルを使って計算してみました。

しいたけ成長計算.PNG

レーザーポインタの反射光と廊下で作られる大三角形の鉛直線の長さ(H)は、
廊下の長さをL、反射光の角度をθとすると

H = L × tanθ

となります。
θは、鏡の足から木片までの距離を D 、木片と鏡で与えられる高さ(縦)を T、
レーザーポインタの角度を p とすると

θ = p - 2 × arctan(T/D)

鏡の角度.jpg

鏡とレーザーの角度の関係.PNG

となります。
椎茸の成長(s)は天秤により20倍されているので、Tはもとの高さをTmとすると
T = Tm - 20 × s
となります。

よって、D = 30[mm], Tm = 25[mm], p = 80[deg], L = 50[m] とすると
椎茸が 0.01mm 成長すると高さが 39.5cm 変わることになり、
倍率は39478倍となります。

うーん、合ってるのかなぁ。。。。
posted by MON at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

SW-125S(LCD)に以前作ったBERカウンタを収めた。

一時期、品切れになっていた、タカチの「プラスチックケース SW-125S(LCD)[P-09834]」が
秋月電子に再入荷していたので、以前作ったBERカウンタを収めました。

lcd_case.jpg

満足。
posted by MON at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

缶コーヒー温め装置の製作

缶コーヒーウォーマーを作ってみました。

・フォトリフレクタ搭載で、缶コーヒーを置くとスイッチON。
・サーミスタで温度を監視し、設定温度まで上昇したらスイッチOFF。
・温め時の消費電力は57.7W。15分ほどで適温に到達します。
・マイコン不使用でプログラミング不要です。

 

 

詳しくは↓
http://nomulabo.com/can_warmer/
posted by MON at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【今是昨非】http://nomulabo.com/