2019年03月01日

【プラレール】自動ポイントレールを使用したレイアウト

自動ポイントレールというプラレールの部品を使用したレイアウトです。

・分岐1から一気に坂を上がり橋脚上で3と合流します。
 分岐2の出口は複線外側曲線レールを2本使用しています。
 r16-1.jpg

・分岐2のロングランで多くのレールをまたぎます。
 普通に組むと橋脚がレールの上に来るので1/4レールでオフセットしています。
 r16-2.JPG

・分岐2が大回りしてポイントレールを超えていきます。
 普通に組むと橋脚がレールの上に来るので坂レールで跨いでいます。
 r16-3.JPG

・上記にくるぞわたるぞ!カンカン踏切セットを組み込んだレイアウトです。
 カンカン踏切+凹1/4の直前から坂曲線レールを入れて高さを稼ぎます。
 高架部は6段で、坂レールの途中ですが問題なく下を通過可能です。
 r16-5-1.jpg

・分岐3の外に、くるぞわたるぞ!カンカン踏切セットを組み込んだレイアウトです。
 入力が凸側なので自動ポイントレールと相性が悪いです。
 r16-4.jpg
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【今是昨非】http://nomulabo.com/