2021年10月01日

ハイモンド BK-100 のカバー交換

bk100-1.jpg

10年以上前、BK-100 というハイモンド・エレクトロのバグキーを中古で購入していて
久々に押し入れから出したところ、カバーにヒビが入っていることに気が付きました。

調べてみると、カバーは補修品として2021年現在も提供されているようです!
昨今の状況を鑑みるに、いつ販売終了してもおかしくないので、早速注文しました。

注文方法は、
@ ハイモンド社のトップページ下部にあるメールアドレスに注文をしたい旨を連絡。
A 商品代金 (1,500円) と送料 (400円) の案内が来るので、送付先(連絡先)を返信する。
B 商品が送られてくるので、商品に同封された伝票の振込先に代金を振込む。
でした。

Aのメールに記載されていますが、カバーの内側が少し大きめになっているので削る
必要があります。商品が送られてくる前に念押しの電話もありました。

届いてみると予告通りカバーの内寸は小さめに仕上がっていて、左右合わせて1mmくらい削らないと入らない感じです。
リューターと紙やすりで小一時間削って無事に入るようになりました。
bk100-2.jpg


このバグキーは貴重なものですので、大事に使っていきたいと思います。
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

CASIO のランナーウォッチ PHYS STR-300 のベルト交換

phys1.jpg

カシオのランナーウォッチ フィズ STR-300 は電池は10年持ちますが、バンドは数年で切れます。

phys2.jpg

交換用の純正ベルトは 2500円程度で、並行輸入品の本体が3000円台で買えることを考えると交換するか迷うところです。
そんなときは、Aliexpress。膨大な商品の中から合いそうな物を選びました。

phys_ali.PNG

送料込み US $2.58 で、バネ棒とピン外し工具も付いてました。

2週間ほどで到着。10分足らずで交換できました。

phys3.jpg

純正品と比べれば接続部の厚みが薄く、わずかに幅が短いのですが、
これなら数年で切れてもしょうがないかな。
眠っていた時計が復活して満足です。
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月01日

引き出しにアクリルの仕切りをつけた

引き出し仕切り1.jpg

机の引き出しがごちゃごちゃっとしてたので、半分に仕切ってみたらどうだろうと。

さっそく、10x10x900mmのヒノキの片溝工作棒(溝幅2mm)と2mmのアクリル板をコーナンで買ってきて、卓上丸のこでカット。
引き出し仕切り5.jpg
アクリルの切断はカスがすごいのでお外でやりました。

10mmのスポンジ付き両面テープは見つからなかったので、ハサミでカットして使用。
引き出し仕切り2.jpg
ハサミのフッ素コーティングはそれなりに効果があるようです。
posted by MON at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【今是昨非】http://nomulabo.com/